0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

Illustorator

イラストレーターでレイヤーごとにPNGで書き出す

フォトショップでは、レイヤーごとに書き出す設定がありますが、イラストレーターにはありません。そこでレイヤーごとにPNGファイルを書き出すためのスクリプトファイルを用意します。そうすることで、イラストレーターでもレイヤーごとにPNGで書き出すことができるようになります。

ちなみに実施した動作環境は、Mac OS10.13、イラストレーターは CC 2018 です。

1. スクリプトファイルを用意する

エディタツールで下記をコピペしてファイルを作成します。ファイル名はなんでも構いません。ここではググって参考にさせていただいているファイル名と同じ「SaveLayersPNGDefault.jsx」にしています。

SaveLayersPNGDefault.jsx

var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{  
  var options = new ExportOptionsPNG24();
  options.antiAliasing = true;
  options.transparency = true;
  options.artBoardClipping = true;

  
  var n = document.layers.length;
  for(var i=0; i<n; ++i)
  {
    hideAllLayers();
    var layer = document.layers[i];
    layer.visible = true;

    var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

    document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
  }
  
  showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
  forEach(document.layers, function(layer) {
    layer.visible = false;
  });
}

function showAllLayers()
{
  forEach(document.layers, function(layer) {
    layer.visible = true;
  });    
}

function forEach(collection, fn)
{
  var n = collection.length;
  for(var i=0; i<n; ++i)
  {
    fn(collection[i]);
  }
}

2. スクリプトファイルを置く

作成したファイル「SaveLayersPNGDefault.jsx」は下記のフォルダの中に置きます。

/アプリケーション/Adobe Illustrator CC 2018/Presets/ja_JP/スクリプト

ちなみに、Windowsだと下記のようです(未確認)。

C:/Program Files/Adobe/Adobe Illustrator CC XXXX/ja_JP/プリセット/スクリプト

以上で、事前準備は終わりです。

レイヤーごとにPNGで書き出す

  1. イラストレーターを起動し、レイヤーごとにPNGで書き出したいファイルを開きます。
  2. 「ファイル」→「スクリプト」→「SaveLayersPNGDefault.jsx」を選択します。
  3. 保存場所を指定します。

はい、できました!

余談:PNGの解像度を変更する

先ほどの参考にさせていただいたサイトでは、異なる解像度でPNGファイルに書き出すスクリプトファイルも紹介されていました。

SaveLayersPNG200dpi.jsx
200dpiの解像度で書き出す

var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 277.777;
options.horizontalScale = 277.777;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

SaveLayersPNG300dpi.jsx
300dpiの解像度で書き出す

var folder = Folder.selectDialog();
var document = app.activeDocument;
if(document && folder)
{
var options = new ExportOptionsPNG24();
options.antiAliasing = true;
options.transparency = true;
options.artBoardClipping = true;
options.verticalScale = 416.667;
options.horizontalScale = 416.667;

var n = document.layers.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
hideAllLayers();
var layer = document.layers[i];
layer.visible = true;

var file = new File(folder.fsName+"/"+layer.name+".png");

document.exportFile(file,ExportType.PNG24,options);
}

showAllLayers();
}

function hideAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = false;
});
}

function showAllLayers()
{
forEach(document.layers, function(layer) {
layer.visible = true;
});
}

function forEach(collection, fn)
{
var n = collection.length;
for(var i=0; i<n; ++i)
{
fn(collection[i]);
}
}

これらのjsxファイルを一つのフォルダ内にまとめて、フォルダごと「/アプリケーション/Adobe Illustrator CC 2018/Presets/ja_JP/スクリプト」に置くこともできます(変更した場合は、イラストレーターを再起動します)。
自分の場合はフォルダ名を「レイヤーごとに書き出し」として、その中に、jsxファイルを入れています。