0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

精神論

精神論に関する記事は、18件あります。

精神論、結構好き。

「レスポンシブWebデザイン」と「ユーザー視点」

一般的に広まっている「レスポンシブWebデザイン」 レスポンシブ対応でWeb制作することが多くなった。 だがしかし、一般的に使われる「レスポンシブWebでデザ・・・

精神論

シグニファイア

「たとえば、木がそよいでいる映像があったとします。 それを見た人は、直感的に風が吹いていることがわかるはず。つまり「木の葉がゆれている」と「風が吹いている」こ・・・

精神論

ほんとの意味で「シンプル」とは?

D.A.ノーマンの書籍「複雑さと共に暮らす デザインの挑戦」の本文内のテキストをほぼそのまま抜粋し、ポイントごとにまとめ直した。(2011年10月に掲載した記・・・

精神論

デザインの在り方

退屈さこそが私たちが日常的な課題に期待しているもので、そうであるからこそ私たちは、いつものありふれた作業ではなく、生きていく上で重要なことに意識的な注意を注ぐこ・・・

精神論

ユーザ中心のデザイン

いついかなるときにも、その時点でどんな行為をすることができるのかを簡単にわkるようにしておくこと(制約を利用する)。 対象を目に見えるようにすること、システム・・・

精神論

デザイナーを脅かす致命的な誘惑

機能の数をどんどん追加していって、ついには、どう考えても異常だと思えるくらいにまでしてしまうなしくずしの機能追加主義。 なしくずしの追加主義に対するには二通りの・・・

精神論

デザイナーは典型的なユーザではない

デザイナーは自分のことを典型的なユーザであると考えてしまうことが多い。しかし実際には、デザイナーが習熟するということと、ユーザが習熟することの間には大きな違いが・・・

精神論

エラーに備えてデザインする

エラーが起こっても大丈夫なシステムを作ると、みんなそれに頼るようになるので、信頼性を高くしておいたほうがよいだろう。 エラーの原因を理解し、その原因が最も少な・・・

精神論

可視性とフィードバック

これまでに扱ったことのないようなものを取り扱うときには、次のような問いを参考にすると何をしたらよいかが分かってくる。 どの部分が可動部で、どの部分が固定部か。・・・

精神論

自然な対応づけ

ラベルに頼らないといけないようなデザインは失格である。ラベルは重要で、必要であることも多いけれども、自然な対応づけが適切になされていれば、ラベルはほとんど必要な・・・

精神論

不正確な知識にもどづく正確な行動

外界の中の知識 人は環境を構造化して、思い出さなくてはならないものに関する多量の情報を手に入れることができるようにしている。 そのために、「ofの知識(事実につ・・・

精神論

理解しやすさと使いやすさのためのデザインの原則

こんな製品は使いたくない例1 教示がよくない。 システムの操作が可視的でない。 操作した結果が目に見えない。 こんな製品は使いたくない例2 デザイナーは良か・・・

精神論

コーディングの真善美

真 仕様(W3C仕様など)に準拠する 一般的マークアップ実務(文書型選び、要素選び・見出しレベル選び、id・classの名前、クロスブラウザ対策)を参考にする・・・

精神論

言霊(ことだま)

どんなに小さいことでも、大きくなるようなことをやる 言霊(ことだま)ってあるから、「できない」とは言わない (さらに…)

精神論

Webプロデューサーとしての心構え

きれいにまとめると「クライアントのニーズに合わせたWebつくり」だが、「Webをベースにお金を生む仕組みと資金調達」しビジネスを構築することが本来の役どころ ・・・

精神論

デザインの基本理念

Forum Follows Function(形態は機能に従う) 知恵を持たないなら、いくら理論やルールを知っていても単なる装飾屋でしかない。逆に知恵を持ち本・・・

精神論

「誇り」「理解」「粘り」

「誇り」を持つ そして自らにダメ出しができるように 守備範囲以外の理解 自分の作業の向こう側を見よう 粘り強く 1分前までジタバタしよう (さらに・・・

精神論

Web持論

デザインはあくまで中身を伝える手段 つまり、中身がなければどんなに良いデザインでも心に響かない。 デザインの良し悪しは流行が作り上げている.

精神論