0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

JavaScript

オブジェクト、関数、変数などに設定可能な名前

  1. 大文字・小文字のアルファベット、あるいはアンダースコア(_)で始まる文字列
  2. 変数には文字、数字、ドル記号($)、アンダースコア(_)を含めることができる
  3. 日本語(2バイト文字)は使用できない
  4. スペースと区切り記号(コンマ、疑問符、引用符)は使用できない($は例外)
  5. 数値を入れることは可能だが、数値を先頭にはできない
  6. 大文字と小文字は区別される
  7. 予約語は使用できないが、予約語を含む文字列は可
予約語
abstract、boolean、break、byte、case、catch、char、class、cont、continue、defalut、delete、do、double、else、extends、false、final、finally、float、、for、fanction、goto、if、implements、import、in、instanceof、int、interface、long、native、new、null、package、private、protected、public、return、short、static、super、switch、synchronized、this、throw、throws、transient、truetry、typeof、var、void、while、with

テクニック

変数とファンクションを区別しやすくするために、独自のルールを作って、使い分ける。