0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

JavaScript

期間を限定した表示 2

掲載から特定の期間が経過すると削除する(「new」マークや「最新情報」など)場合に便利なスクリプト。

「日数」後まで、の表示設定

javascriptソース
function HotNews(y,m,d){
 var m = m-1;
 var EntryDay = new Date(y,m,d);
 var countED = EntryDay.getTime();
 var countLast = countED + 日数*86400000;
 var Now = new Date();
 var countNow = Now.getTime();
 var period = countLast -countNow;
 if(period > 0){
 処理
 }
}

xhtmlソース
<script type=”text/javascript”>HotNews(yyyy,mm,dd);</script>

例えば、公開日(2008年1月22日)の10日後まで「new」を表示する場合

javascriptソース
  • 「日数」を「10」にする
  • 「処理」を「document.write(“new”)」にする
xhtmlソース
「yyyy,mm,dd」を「2008,1,22」にする

javascript部分を外部jsファイルに設置することで、マークを表示するhtmlファイルだけ公開日を追記するだけで、期間限定のマークの表示・非表示の設定ができる。