0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

php

Amazon Product Advertising API(署名入り)をアフィリエイトとして使う

AmazonのProduct Advertising APIをアフィリエイトとして使おうと試みて、その概要をつかむまで2,3日かかってしまった。まず、アカウント取得につまずき、リクエストの作り方につまずいた。
そんな中、ネット上でこの記事を見つけたときは飛び上がった。
これだっ!
Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) – もやし日記

いやぁ、これがなかったら、Product Advertising API、使えてないです(感謝!)。
というわけで実装準備までの手順の備忘録。

必要なこと

まず、これはphpを利用しています。phpが使える環境であることが前提です。

  • Amazon アソシエイトへの登録
  • Amazon Product Advertising APIへの登録
  • リクエスト作成用のphpファイルを用意

Amazon アソシエイトへの登録

アフィリエイト用のIDを取得する。
Amazon アソシエイト (アフィリエイト)

申請後、審査があり(審査には2、3日かかるとのこと)、審査が通るとIDが発行されたメールが届く。
ちなみに、サイトの完成前に申請しても許可されないので注意。実際、プレオープン時に申請したら「完成してないとNG」というメールが来てしまいました・・・。

Amazon Product Advertising APIへの登録

元データ。これを使って情報や見栄えをカスタマイズするわけだが、そのIDとキーを取得する。
Product Advertising API内の「アカウント作成」をクリック。
ちなみに、

  • 先に取得したアフィリエイト用のIDとProduct Advertising API用のIDは別物です。そのため、Product Advertising API用のIDを新規で作成する必要があります。
  • Amazon アソシエイトとAmazon Product Advertising APIを紐付けするために、同メールアドレスで登録する必要がある。

この2点が要注意です。

リクエスト作成用のphpファイルを用意

Amazon Product Advertising API への対応(PHP版) – もやし日記から抜粋(ちょっとだけ改変)

<?php

//amazon Product Advertising API

// アカウント情報
$access_key_id = ‘Product Advertising APIで取得した20文字のID‘;
$secret_access_key = ‘Product Advertising APIで取得した40文字のID‘;
$associate_tag = ‘xxxxxxxxx‘; //アフィリエイト用のID

// RFC3986 形式で URL エンコードする関数
function urlencode_rfc3986($str){return str_replace(‘%7E’, ‘~’, rawurlencode($str));}

// リクエスト定義(固定)
$baseurl = ‘http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml’;
$params = array();
$params[‘Service’] = ‘AWSECommerceService’;
$params[‘AWSAccessKeyId’] = $access_key_id;
$params[‘AssociateTag’] = $associate_tag;
$params[‘Version’] = ‘2010-09-01’;

// リクエスト定義(任意)

$params[‘Operation’] = ‘ItemLookup’;
$params[‘ResponseGroup’] = ‘Large’;
$params[‘ItemId’] = ‘B0002IVURC’;

// Timestamp パラメータを追加 – 時間の表記は ISO8601 形式、タイムゾーンは UTC(GMT)
$params[‘Timestamp’] = gmdate(‘Y-m-d\TH:i:s\Z’);

// パラメータ並び替え – 昇順
ksort($params);

// canonical string 作成
$canonical_string = ”;
foreach ($params as $k => $v) {
$canonical_string .= ‘&’.urlencode_rfc3986($k).’=’.urlencode_rfc3986($v);
}
$canonical_string = substr($canonical_string, 1);

// 署名作成 – 規定の文字列フォーマットを作成 – HMAC-SHA256 を計算 – BASE64 エンコード
$parsed_url = parse_url($baseurl);
$string_to_sign = "GET\n{$parsed_url[‘host’]}\n{$parsed_url[‘path’]}\n{$canonical_string}";
$signature = base64_encode(hash_hmac(‘sha256’, $string_to_sign, $secret_access_key, true));

// URL作成 – リクエストの末尾に署名を追加
$url = $baseurl.’?’.$canonical_string.’&Signature=’.urlencode_rfc3986($signature);

「$url」に渡されているURLを直たたきして、正しくデータが返っていれば成功です!あとは煮るなり焼くなりですね。

ちなみに、最新のProduct Advertising APIのバージョン(API$params[‘Version’])、
https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/G/09/associates/paapi/dg/index.html の左上に記述してある。

リクエスト定義(任意)は、取得したい情報のリクエストパラメータを設定する。
API リファレンス参照

IDとキーはどこ?

http://aws.amazon.com/ にアクセスし、右上ナビ「アカウント」をクリック、「セキュリティ証明書」を選択(ログイン前であればログイン)することで確認できます(下図参照)。

セキュリティ証明書のキャプチャ

2015年10月2日追記

Product Advertising API をSSLで利用する場合

「https://」から始まるサイトでAPIを使う場合は、上記サンプルのbaseurlを下記に変更します。

$baseurl = ‘http://ecs.amazonaws.jp/onca/xml’;

$baseurl = ‘https://sha256.webservices.amazon.co.jp/onca/xml’;

と変更するだけ。