//

htmlに関する記事一覧(19件)

HTMLに関する備忘録。

html5から見送りになりそうなタグ(2012年12月17日付け)

html5をはじめからウォッチしてきたから、この辺りは確実に把握しておきたい。 下記は仕様から削除されるリスクがあるものたち。 動向が明・・・

html

html5の要素とコンテンツモデル

html5の要素を調べたことがあれば、下図のようなものを見たことがあるかもしれない。 これは、W3C Editor's Draftを参考・・・

html

スマートフォン用に最適化したサイトを作る際の<実践>最小マークアップ

<!DOCTYPE html> <html lang="ja"> <head>・・・

html

html5でマークアップするときの最小設定

1ファイルにまとめると <!DOCTYPE html> <html lang="ja"> &・・・

html

ページ切り替え時のトランジション効果

スマートフォンが普及し、タッチパネルによるページ切り替えが新たなUIとして浸透してきました。 たとえば、指で横にしゅっとやると画面は右か・・・

html

maxlength属性

inputタグ要素の属性、maxlengthについて、ちょっと調べてみた。 調査ポイントは2つ。半角英数と全角でmaxlength値のカ・・・

html

selectタグの上にコンテンツを乗せる

selectタグの上にコンテンツを乗せる手法。いろいろネット検索したものを総まとめした「覚書」。 これを参考に応用すると、うまくいく。た・・・

html

よく使われるタグ要素(マークアップの基本)

意味づけされたマークアップをすることは、 将来性の高いコーディングスキルを身につけると同様の価値があると思うのです。 それが、アマチュア・・・

html

inputタグをコントロールする

inputタグの文字間を上手にコントロールする術を模索している。 百聞は一見にしかず、ということでサンプルを見てほしい。 xhtml &・・・

html

Googleにスニペットやキャッシュを非表示にさせる

使用例:<meta name="robots" content="nosnippet" /・・・

html

絶対URIと相対URLと相対パスの関係

http://〜 絶対URI   /〜 相対URL 絶対パス ./〜、../〜 相対パス 絶対URIと相対URLと相対パスの・・・

html

<style><script>要素のコメントアウト

<style><script>要素のコメントアウト htmlからコーディングを覚え、xhtmlへ移行したときの落・・・

html

モジュール化の一案

名前空間の名付けは任意に行う(bodyをそのまま名付けることはNG)。 unitモジュールにのみ文書を記述するようにするのがポイント。・・・

html

strictに対応するためのiframe代替

strictではiframeの利用は廃止されている。そこでobjectを利用する。 <div> <object typ・・・

html

idとクラス名

古いブラウザではidやクラス名に「-」と「_」を含まれていると認識できなくなるらしい。アルファベットに始まり、アルファベット、数字で書い・・・

html

Netscape version4の排除

<link href="test.css" rel="stylesheet" type=・・・

html

tableのこと【xhtml編】

tableタグを利用する際に意外と知られていないのが、列(縦方向)をコントロールする「colgroup」タグ。また、colgroupタグ・・・

html

「/」から始まるパス指定

「/」が意味するのは、どの階層にいようが一番上の階層を基準にすること。ナビゲーションが階層が変わった場合でもリンク先を変更する必要がない・・・

html

swfファイルをxhtml1.0 strictに取り組む記述

<object data="○○.swf" width="○○" height="・・・

html

川上 武範(かわかみ たけのり)
1975年生。シンプルシンプルデザイン代表兼Webクリエイター。たびのとWebサイト運営責任者。

企画からサイト設計、正しいマークアップを意識したWebサイト制作やユーザー視点の情報設計を得意としている。

シンプルシンプルデザイン
たびのと
twitter : たけたけ@OnlyTwo

メディア掲載
2016年10月25日 レバテックフリーランスの記事「自作Webサービス記事紹介まとめ」でサイト内の記事「Webサービス「たびのとTOKYO」を作ってみました」を紹介していただきました。