0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

タメになった本

xhtml視点でXMLを学ぶ

タイトル
やさしいXML 第2版
著者
高橋麻奈
発行日
2001年6月27日初版発行
2005年3月30日第2版発行
定価
2,600円(税別)

もともとwebサイトを制作したいとhtmlから学んだ。そしてW3Cの存在を知り、正しい記述をしようという強い意識を持つ。
後にxhtmlの存在を知り独学で実装できるまで学んだ。

ほんとはもっとxhtmlコーディングスキルを高める必要があるのだが、それと平行して気になっているのがxml。
そもそもhtmlってのはSGMLって言語から派生してできた言語と聞いたが、xhtmlってのほxmlから派生しているらしい。
似て非なる言語。

htmlやxhtml、cssの知識は誰でもすぐに覚えられる。その先のjavascriptからセグメントが狭まってくるなぁ、という印象を持っている。そんな中、専門職と言えるにはこの辺りを理解し実装できるようにならねばという危機感がある。

そのひとつとして、xmlに大注目している。とはいえ何から初めていいやら。そんな時、出会った一冊の本がこれだ。

中盤からjavaを利用するのだが、本に書いてあるとおりでは実行できない点やサポートURLが存在しなかったりする点は難だが(結局中盤で挫折)、xmlがちょっとだけ身近に感じられるようになった。