0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

SEO

08_HTMLタグの重要性 2

アンカーテキスト

驚くべきアンカーテキストの影響力

アンカーテキストだけで検索エンジン最上位を確保する例
「18歳未満」→Yahoo!やGoogle
「misarable failure」→ホワイトハウス
見出しタグや<title>タグに勝るとも劣らない
実はGoogleは内部リンクもリンクポピュラリティーの対象としている。
「アンカーテキストには、リンク先の内容を端的に表せているキーワードが使われているであろう」検索エンジン談
単なるリンクではなく「キーワードを含んだテキストによるリンク」が重要(画像の場合は画像のalt属性にリンク先に関連のあるキーワードを記述)

<meta>タグ

Google 重要度は無に等しい
YST 検索結果に反映(スパムに厳しいので、使用は注意が必要)

SEOに関係のある押さえておきたい4つの<meta>タグ

  1. 表示言語文字を指定する<meta>

    文字化けを防ぐ

    <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis" />
    <meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css" />
    <meta http-equiv=”Content-Script-Type” content=”text/javascript” />

  2. 検索のヒット率を上げる<meta>
    • キーワードをカンマで区切って列挙
    • キーワードの繰り返しはNG
    • 数は3から10個程度

    <meta name="keywords" content="キーワード,キーワード,キーワード" />

  3. 検索結果の説明文になる<meta>
    ページの説明文を入れる(これがスニペットとして表示される)
    全角で80文字程度
    参考:検索エンジンユーザ視点

    <meta name="discription" content="説明文" />

  4. 検索ロボット向け<meta>
    ページ登録 ページのリンク先をたどる タグの表記
    <meta name="robots" content="index,follow" />
    × <meta name="robots" content="index,nofollow" />
    × <meta name="robots" content="noindex,follow" />
    × × <meta name="robots" content="noindex,nofollow" />