0から目指すWebマスター Web制作に関する備忘録
検索

MovableType

MT4.1で何が変わったか

  MT3 MT4.0 MT4.1
ブログ記事
カテゴリー管理 / アーカイブ作成
エントリー
ウェブページ
フォルダ管理 / アーカイブ作成なし
×
ファイルブラウザ ×
カスタムフィールド × ×

強化された機能

テンプレート編集するエディタ画面
  • シンタックス・ハイライト(MTタグの構文を自動識別し、見やすく表示)
  • エラーメッセージ通知(保存時にMTタグの記述の誤りを検知)
  • スニペット機能(よく使うMTタグを1クリックで挿入)
テンプレート管理の利便性の向上
  • トップページ、カテゴリアーカイブ、ブログ記事などのテンプレートをテンプレートセットとしてまとめて管理。
  • 複数のブログでテンプレートを共有する「グローバル・テンプレート」を導入。
カスタムフィールド
ブログ記事やウェブページ作成時の入力項目を任意に追加・拡張し、管理画面に反映できる。
コンテンツ制作者の管理
個々の制作者が、「どのブログ」に対して、「どのような役割(ロール)」を持っているか設定することができる(役割はカスタマイズすることができる)。
コメントやトラックバック
  • MovableTypeにログインしているユーザーからのみコメントを受け付ける設定も可能
  • スレッド形式のコミュニティー掲示板のように見せることも可能
  • 新着コメントをRSSフィードで配信することも可能
完全バックアップ
ウェブページ、アップロードした画像やファイルもバックアップできるようになった。
マルチブログを利用したポータルブログの作成
ひとつのMTで複数のブログを管理している場合、各ブログのコンテンツを集めて、ポータルサイトのように表示することも可能